やたがらす 北岡本店のご案内

酒造り

 神代の里 大和吉野より


奈良県南部、吉野熊野国立公園の入り口、ひと目千本と詠まれた桜の名所「吉野」に酒蔵があります。
吉野には飛鳥から奈良の時代にかけて吉野離宮があり、この地を主題にした名歌が「万葉集」に収められています。
さらに時代が下ると源義経の東下り、後醍醐天皇の南朝、太閤秀吉の花見、等『自然と歴史と文化』満ち溢れた地です。

 吉野山

北岡本店は、「日本古来の酒造り技術を伝承し、おいしい酒を通じて、心温まる人間関係の成立に寄与する」
をめざすものとして酒造りに取り組んでいます。

 酒造りのはじまり


江戸時代の初め頃、(約400年前)吉野は山林労働に携わる人たちが一泊する宿場町として、また大和から伊勢、熊野に抜ける交通の要として栄えていました。
「やたがらす」の北岡本店はその宿場町の中心地に店を構え、創業者惣兵衛は古金屋(換金、手形の取扱い)を営んでいたといい、七代目になって惣十郎が明治元年(1868)酒、醤油、油造り等の事業を一本化し、酒造業専業に切り替えました。

商標「やたがらす」とは

「やたがらす」とは神話に出てくる瑞鳥です。
神武天皇が東征の際に熊野から大和に入る吉野の山中にて道に迷われました。

その際に天の神が道案内としてつかわした鳥が「やたがらす」であると言われています。
「やたがらす」とは大きい鳥という意味であり三本足のカラスで中国や日本では太陽の精として信じられています。
法隆寺の玉蟲の厨子後側の密陀絵に三本足のカラスの象徴の日輪があります。

 やたがらす

熊野本宮、那智、速玉の三社の御神鳥、また橿原神宮では交通安全の守護神として祭られています。
また、日本サッカー協会での旗章に採用され日本代表のエンブレムになっています。
北岡本店では大正時代、惣太郎が吉野とかかわり深い神武天皇の伝説にちなみ「八咫烏」を商標としました。
 

会社概要

販売業者株式会社 北岡本店
代表取締役社長北岡 篤
オンラインショップ
販売担当者
奥田 真祐美
資本金4,500万円
業務内容清酒・リキュール・食品の製造販売、商品開発
住所〒639-3111 奈良県吉野郡吉野町上市61
連絡先MAIL:info@kitaoka-honten.com
TEL:0746-32-2777
FAX:0746-32-8744
営業時間9:00~17:00
定休日土・日・祝日・お盆・年末年始
 

「社長あいさつ」

『おいしいお酒』について 
  ~よりよきコミュニケーションを目指して~
 
「おいしいお酒」とは、
香り高く、コクがあり、切れもよく、飲み飽きせず、お料理との相性もよく…だけではなく、うまくコミュニケーションを図らせるものと考えます。

お酒がコミュニケーションツールとしての役割を果たしたときに、私達は「おいしいなぁ」と感じ、幸福感を得るのだと思います。

今回のホームページ改訂にあたって、お客様と蔵元とのコミュニケーションを図ることに重点を置きました。

ご意見ご要望を賜われば幸いに存じます。
「やたがらす」を通じて皆様がよりよき人間関係を築かれ、幸福になられることを願っております。

株式会社北岡本店 
代表取締役社長 北岡 篤

 北岡篤

アクセスマップ

 【本社・蔵元直売所】
〒639-3111 
奈良県吉野郡吉野町上市61

 やたがらす 地図

蔵元直売所

 奈良・吉野にある蔵元に「やたがらす」 が買える直売所 を併設しています。

 お酒の試飲もできますのでお気軽にお立ち寄りください。
 ※車の運転をされる方、未成年の方への試飲はお断りさせていただきます。

■営業時間:9:00-17:00
■休日:土曜・日曜・祝日・年末年始 (時期によって変動有)